You are here: Home / Blog / Alexander Q&A / アレクサンダーテクニックx 写真家 魅惑のコラボ 『自然なあなたの魅力を引き出す撮影会』 Q&A

アレクサンダーテクニックx 写真家 魅惑のコラボ 『自然なあなたの魅力を引き出す撮影会』 Q&A

9月13日LAダウンタウンで開催!
アレクサンダーテクニックx 写真家 魅惑のコラボ『自然なあなたの魅力を引き出す撮影会』を開催いたします。

このページでは、そのイベントに関連して皆さんの疑問をQ&A方式でまとめていきます。

 

Q1:立ち方で人の印象は変わりますか?

A1:はい、大きく変わります。
顔や髪型、服装は気にするけど、自分がどんな風に立ったり、座ったり、歩いているのかを気にする人はあまりいません。でも、それってすごく残念なんです。ちょっとした意識をもって自分の体を使うだけで、誰もがもっと格好良くなります。男性はより自信に満ち溢れた印象を、女性はよりエレガントな印象を相手に与えることができます。

先日、なにかの記事に載っていた日本のおじさまセレブたちの写真を見て愕然としました。皆さん、腰を前に突き出して立っているんです。実はこの立ち方、日本人男性には多いんです。日本の駅の構内で電車を待っている人たちを見てみてください。一方、日本の女性は、膝をくっつけて体を縮めるという独特な癖を持った方が多いです。どちらも、立ち方をちょっと気にするだけで全然印象が違うものになります。

 

 

 

11988316_10205181375434797_3196151965052751248_n11988526_10205181376034812_6978316799436929264_n

*写真は、プレスよりお借りしました。

一方で、最近LAのセレブリティーが集まるパーティに行く機会があり、皆さんの立ち方がスっとしていてナチュラルなことに驚きました。オーラのような美しさは、ドレスや髪型だけでは作れないことを目の当たりにしました。

皆さんも、自分がどんな癖を持っているのか発見し、本来の魅力を発揮してみませんか?
そんなアレクザンダーテクニックと写真撮影が同時に体験できるイベント、詳細は 「こちらのページ」から。

 

Q2:昨日の写真の違いは一目瞭然ですが、では具体的にどこをどう修正すれば良いのですか?

A2: アレクサンダー・テクニックは「ここをこう修正しましょう」というような、その場で簡単に変えられるコンビニ的なハウツーではなく、習慣によって損なわれている自分の自由さや美しさを取り戻すために、自分が気づいて学んでいくための技術なのです。

たとえば、おじさまセレブたちは「腰を突き出している」様子が見えますが、それじゃ腰を引けばいいのね、というわけではないんです。私たちの体は「部分」で動いているのでなく、「全体」で存在しているので、体の他の部分も、さらにはメンタリティーも全部影響しています。

 

 

11220833_10205184567514597_7723655974243099234_n

 

ですから、まず、自分が無意識にどんなことをしているかに意識を向けることから始まります

修正して変身するというよりは、もともと自分が持っている”素敵”を取り戻すといった方が正しいです。もともと私たちはみんな、かっこいいんですよ(笑)。アレクサンダーテクニックは、本来の自分を取り戻すためのテクニックとも言えますね。

そんなアレクザンダーテクニックと写真撮影が同時に体験できるイベント、
詳細は→ 「こちらのページ

イラストはこちらから拝借しました。
http://blog.hiro-hattori.com/article/56757062.html

 

Q3:9月13日のワークショップでは、短時間でどのようなことを学ぶことができますか?

A3:「自由さや美しさを損なわせている習慣を見つけて、それをやめる」というシンプルでパワフルな基本を学びます。

そうです、やめるだけです。

体のメカニズムを知り、自分の体のデザインに合わない使い方をやめれば、よけいな何かをしなくても、自由さや美しさは戻ってきます。

逆に「ちゃんとしよう」「かっこよく見せよう」と思って胸をはったり、体に力を入れたりするのは不自然ですし、疲れてしまって長持ちしません。がんばらなくていいのです。がんばらなくていい、ということも学びます。

癖や習慣は人によってみんな違うので、一人一人丁寧に一緒に観察して、自分で気づけるようにガイドしていきます。

ほんのちょっとした変化が体に与える影響を大きく変え、印象も変えていきます。その様子をビフォー&アフターで撮影するので歴然とわかり、”自分新発見”につながりますね。

 

11986532_10205189800085408_8036948155250516163_n

そんなアレクザンダーテクニックと写真撮影が同時に体験できるイベント、

詳細は、「こちらのページ」をご覧ください!

 

Q4:アレクサンダーテクニックはどのような場面で活用されていますか?

A4:俳優だったF.M. アレクサンダー氏が100年以上前に体系づけたアレクサンダー・テクニック。今ではレオナルド・ディカプリオやポール・マッカートニー、スティングを始めとする、本当に多くの俳優やミュージシャンたちがアレクサンダー・テクニックを学び、自分たちのキャリア向上に役立ています。

欧米では、ジュリアードのようなパフォーミング・アーツ系の学校や、そういった学部を持つUCLA, USCといった大学でも授業としてアレクサンダー・テクニックを勉強できるようになっているんですよ。

また、痛みや病気の治療の手助けにもなっています。ノーベル医学生理学賞を受賞したニコラス・ティンバーゲン氏が、受賞スピーチの大半を、アレクサンダー・テクニックの賞賛にあてたということでも有名です。

さて、今日はちょっと映画『スーパーマン』の1シーンを見てみてください。冴えないクラーク・ケントが眼鏡をはずし、スーパーマンになった時、体はどのように変化したでしょうか?俳優クリストファー・リーブはこの時アレクサンダー・テクニックの知識を演技に取り入れました。

今回のワークショップでは、このような変化があなたにももたらされるのを、写真で見ることができます!

★ワークショップの詳細は「こちらのページ」をご覧ください!

Q5:このワークショップはどういった人の役に立ちますか?

A5:アレクサンダーテクニックのレッスンとスタジオ写真撮影がセットになっていることで、レッスンで学んだことをその場で実践して、それを写真として形に残すことができます。

レッスンでは、わざと悪い姿勢をしてみたり、すごくいい姿勢をしてみたりと楽しい実験をしながら、自分の印象がどう変わっていくかを写真で検証します。

・俳優、モデル、ミュージシャン、司会者など、お仕事で人前に立つことが多い方。
・パーティーやイベントなどでスピーチや挨拶をすることが多い方。
・プロフィール写真用などに良いヘッドショットを撮りたい方。
・以前から自分自身の姿勢や体の痛みなどが気になっていた方。

そういった方々にとって、このワークショップが自分の姿勢を見直す良いきっかけになると思います。

 

DSC_5569
★楽しい実験ワークショップの詳細は、「 こちらのページ」をご覧ください!

 

Q6:アレクサンダーテクニックは立ち方を治す以外に、体にどのような良い影響がありますか?

A5:「立ち方がよくなると印象もよくなる」というのは、実は、表面的な変化の一例にすぎません。実際には、体全体のコーディネーションがよくなるので、腰痛や肩こりなど痛みを抱えている人には、痛みの解消や軽減になります。シンガーの方ですと声のクオリティも変わりますし、アスリートの方たちはパフォーマンスが向上します。

私は今USC(南カリフォルニア大学)でアレクサンダーテクニックの授業を手伝っていますが、生徒はまだ若いのに、みんな腰痛持ちで驚きます。長時間の楽器演奏や、長時間机の前に座っているなどの環境が、体の使い方を悪くしているのかもしれません。ちなみに第一回目のQ&Aでご紹介した写真のおじさまセレブたちを見ると、体の悲鳴が聞こえてきそうです。

英国メディカル・ジャーナルでは、医療研究の中で、アレクサンダー・テクニックは治療に効果をもたらし、メディカルコストの削減にも貢献すると発表しています。

ね、いいことづくめじゃありませんか?

Comments are closed.

Scroll To Top
shared on wplocker.com