You are here: Home / Blog / アメリカ人のポットラックパーティ

アメリカ人のポットラックパーティ

IMG_2512
先週、私が通う学校(Alexander Technique Institute of Los Angeles)の卒業パーティがありました。今期の卒業生は3人という小さな学校です。3年間毎日同じメンバーで過ごすのですから、まるで家族のような、親友のような、親密な関係になります。なので、卒業式に出席する先生、生徒、卒業生の友達や家族も、みんなボーボー泣くんですよね。アメリカの卒業式はカラッとしているというのはウソです(笑)。

セレモニーが終わると、バルコニーにセットアップした持ち寄りの食べ物や飲み物を囲んで談笑。写真を見るとわかっていただけるかと思うんですが、ものすごーくシンプルでしょう?日本人のポットラックだと、手間も時間もかけた美味しいお料理が並ぶのですが、アメリカ人のポットラックは大体こんな感じの気楽なものです。これで大体25人分。十分に足りました。

IMG_2516

日本人の食事が美味しく、アメリカ人の食事がイマイチだからなのか、パーティの様子も全然違うんですよ。

日本人の場合だと、どのお料理も(美味しそうなので)食べてみようと、けっこうしっかり皆さん食べますが、アメリカ人の場合はあまり食べません。日本人だとけっこう黙々と食べている方が多いのですが、アメリカ人は会話中心、知らない人にもどんどん声をかけています。アメリカ人はパーティを社交の場と捉えているからだと思いますが、はて、日本人にとってのパーティの位置づけってなんなんでしょう?

Jeannie’s Partyでは、両方のいいとこ取りをして、皆さんとパーティの楽しさをシェアしていきたいです。

 

 

 

Comments are closed.

Scroll To Top
shared on wplocker.com