You are here: Home / Blog / NOBUさんから学ぶ

NOBUさんから学ぶ

NOBU

 

世界のセレブ達を魅了してやまないスーパーシェフ、NOBUさんのビバリーヒルズのお店、MATSUHISAへ行ってきました。

NOBUさん自ら説明してくれた【Sashimi セビーチェなんたら…】(うわ〜二度も聞き返したのに、覚えられなかった…)が最初の一品。ペルーでの経験を持つNOBUさんの、ペルー料理と和食の融合でした。

主演のお刺身はもちろんのこと、助演のキュウリ、トマト、オニオン、出汁のジェリーなど、色、大きさ、形、感触すべてが完璧。レモンの爽やかな酸味が程よく胃を刺激し、優しく食欲を目覚めさせてくれた感じでした。まるですべてが綿密に計算されたみたい。こういうのを「神業」って言うんですね。

さて、みんながNOBUさんにはなれないけれど、アイディアを拝借することはできます。美味しいお料理を食べたら、家で試しに作ってみる。 これは誰にでもできる楽しい冒険です。

「うちはレストランじゃないんだから」と開きなおりつつ、そのワクワクした気持ちを盛り込む。それでOKと私は思っています。食べた人には、それが伝わりますから。

NOBUさんも言っていました。
「料理はわたしの心を伝えるもの」

だからどんなシンプルなお料理でも
「来てくれて嬉しい♡ありがとう」の気持ちを忘れずに振りかけたい。

それが家でパーティをする大きなメリットですよね。

Comments are closed.

Scroll To Top
shared on wplocker.com