You are here: Home / Blog / nagase氏によるヘアメイクコーチングセッション:報告

nagase氏によるヘアメイクコーチングセッション:報告

IMGP4293_DxO

日米で活躍するヘアスタイリストnagase氏のヘアメイク・コーチングセッション。

メイクはファウンデーションをつける前の、基礎化粧品でお肌を整えるところから始まっていたって知っていました?しかも、そこが最も重要だったって?!私ったらウン十年も知らずにやってきていました。

年齢と共に肌の衰えがあるのは仕方ないとしても、それを隠そうといっぱい塗って仮面みたいになってしまったり、ファウンデーションがよじれたり…といういわゆる”おばさんメイク”は避けたいところ。

そうならない秘訣が、下地作りだったんですね。それが出来ていれば、ファウンデーションはうすくっていいんだって!(そんなこと常識だという方には、この驚きの方が驚きですね、きっと。。。笑)

nagase氏に学んだテクニックにしてから、ファウンデーションの量は半分。しかも化粧崩れしないし、肌が夕方になってもテカテカしてこない。なんてこったい!です。わたしよ、今までなにしてた!

このテクニックを一からnagase氏のマジックハンドにて教えていただいた方たちは、一様に「驚いた」「楽しかった」「すごい」と大満足でした。

ヘアもお料理同様、下ごしらえをちゃんとしておくとスタイリングが楽になることも知りました。もうびっくりです。なるほどね〜。そして、時間がない時の裏技も。

またヘア作りは、ドレスや自分の雰囲気に影響します。まず、自分が最終仕上がりのビジュアルイメージを持つ事が重要だとnagase氏は言っておられました。これは、お料理にもテーブルセッティングにも言えることですね。

 

パーティの準備はいろいろあって、ついつい自分を後回しにしがちですが、お客様をお迎えするまでに自分の準備もできるようプランを組みたいですね。

ホストがお洒落をしていると、パーティは一段と華やかになって楽しくなります。

アメリカ人の友人宅のパーティに伺った時、ホストが本当にエレガントで美しく、そこにお呼ばれしたことがまるで名誉のような気がしたのを覚えています。(←ちょっと大げさ)少なくともWELCOMEの気持ちはヒシヒシと伝わってきましたよ。それからは私も、お洒落をおもてなしの一部と考えたいと思うようになりました。

Comments are closed.

Scroll To Top
shared on wplocker.com